Friday, 27 July 2018 11:14

クリエイティブ経済庁(Bekraf)は、SXSW 2019の登録を直ちに開始

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシアの創造的経済部門を担当する政府機関としてクリエイティブ経済庁(Bekraf)は、世界の優れた革新技術展に引き続き参加するように始めます。その一つに、サウス・バイ・サウスウエストという世界最大規模の創造的かつ技術的な芸術祭があります。それは、毎年、米国のテキサス州オースティンで日常的に開催されています。2017年と2018SXSWArchipelageekパビリオン参加に成功を収めた後、Bekrafは現在、201838日〜17日に開催される"世界市場を開拓"をテーマにした、SXSW 2019に参加準備中です。以前のSXSWの準備と同様に、Bekrafは、革新的な製品を世界市場に向けて準備している新興企業の登録を開始します。SXSW 2019イベントの登録は、730日月曜日にBekrafの公式サイトで開かれます。Bekraf Ricky Joseph Pesik副会長は、2018726日木曜日ジャカルタで、記者会見後、SXSWは、世界中の新興企業にとって非常に重要なイベントだと語りました。したがって、Bekrafは毎年、インドネシアの新興企業の参加を拡大しようとしています。

インサート ;クリエイティブ・エコノミック・セクターの国際市場へ参入の転換点の一つは、インドネシアを本気で披露するサウス・バイ・サウス・ウェストです。2016年には、調査を始め、2017年には、披露し、2018年には、拡大し、2019年には、インドネシアがさらに大きく表示されることを願っています。なぜなら、イノベーション、躍進、革新性を世界に提示する絶好の機会になるからです。それは、インドネシアが世界のレーダーに、なってやく流れにも沿ったものです。我々は、インドネシアが主要経済国の一つになると予測されていることをグローバルメディアで繰り返し見ています。

新興企業からの革新製品に関連して、Ricky Joseph副会長は、多くのインドネシアの新興企業が、世界の注目を集めにはインドネシアの名前を推進し、世界市場に製品を浸透させる機会を得るために2019SXSWに参加することを期待しています。Bekrafは、世界最大の島嶼国としてインドネシアの哲学を刺激するArchipelageek という2019SXSWと同じテーマを掲げています。

Read 348 times