Friday, 03 August 2018 10:21

中部ジャワ州のASRAH BATINの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のASRAH BATINの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

中部ジャワ州グロボガン地区ケダンジャティ区のカラングラング村人は、2018729日、タンタン川の端に集まりました。そこで、彼らは、グロボガン地区ケダンジャティ区のNgombak村の反対側に向かう15メートル幅のTuntang川を渡るために集まります。この活動は「ASRAH BATIN」の伝統として知られています。数百年前から続いてきた文化的伝統で、Karanglanguの村人は、Karanglangu村とNgombak村を切る70センチメートルの深さの急流の川を渡しています。一方、Ngombakの村人は、最大のサービスでKaranglanguの村人の到着を歓迎します。一部は、川の端に守っています。また、エンターテインメント、芸術、様々なジャワの典型的な料理も展示されています。

Asrah Batinの伝統は、朝から午後まで始まります。朝から、住民は、Tuntang川の端に集まりました。2年ごとに開催される伝統で、Karanglanguの村長と村の職員は、装飾されたを使用して、Ngombak村の職員によって迎えます。一方、若者と老人の両方のKaranglanguの村人は、Ngombakの村人のガードの助けを借りて、徒歩で川を渡ります。Karanglanguの村人は、暖かさで歓迎しました。村ホールや地元の広場に集中しているNgombak村に到着と、大きなお祝いが待っています。

Asrah Batinの伝統は、Karanglangu 村とNgombak 村の創設者の祖先であると信じられているRaden SutejoRoro Musiah というKedhanaKedhiniの人物に対する人々の信頼に密接に関連しています。神話によると、KedhanaKedhiniは、兄弟です。彼らは、まだ小さいときに分離されました。Kedhanaは、Karanglangu村に定住しました。 Kedhiniは、Ngombak村に定住しています。両方の大人の後で、彼らは、お互いを愛し、ほとんど結婚するまで会いました。結婚は、長い間分離されていた姉妹であることが明らかになった後に、最終的には起こりませんでした。Asrah Batinの伝統は、KedhanaKedhiniを記念してKliwon日曜日に開催されます。Asrah Batinは、"Pasrah Batin"(インナーサレンダー)のための別の言葉です。起こった現実を誠実にしようとしています。Pasrah Batinはまた、創造主(神)に感謝の一形態です。創造主の許可ので、兄弟間の禁止の結婚は、最終的には実現しませんでした。

2つの村のKedhana Kedhiniの話は、単なるナンセンスではありません。墓や遺跡の存在によって証明されることに加えて、また、代々にかけて、Karanglangu村の男性と女性は、お互いを愛し、結婚することは禁止されます。両方の村の住民は、規制に違反すると、災害が発生すると信じています。現在、この伝統は、伝統的な儀式ではなく、Grobogan地区の観光スポットになっています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 51 times Last modified on Monday, 06 August 2018 10:34