Monday, 06 August 2018 10:28

東ジャワ州のSAPI SAPIANの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のSAPI SAPIANの伝統をご紹介します。この放送は、voinews.idで聞くことができます。

ジャワの人々は、様々な儀式があります。例えば、東ジャワ州Banyuwangi地区Glagah区のKenjoの村人行われるジャワのカレンダーのSuro1日やヒジュリのムハラムの1日を歓迎することです。この村の人々は、この地域失われていた伝統を復活させようとしています。その伝統は、Sapi-Sapianの伝統です。

Sapi-Sapianの伝統は、地元の村の起源に関するものです。この伝統は、1700年代に形成された村の始まりを表しています。3人のブギス人、現在、Kenjo 村にある低木の後ろに水源を見つけました。水源の発見は、土地を開く先駆者となりました。彼らは、ための動物を知らなかったので、人間の力で耕すように強制されました。そのうち2人は、り、もう1人が、そのしていました。まもなく、彼らは、最終的に畑を耕すために使用できる牛を見つけました。この起源のために、Kenjoの村人は主に、牛を使って畑をします。

Sapi-Sapianの伝統は、1962年以来途絶えていました。しかし、2012年頃から、人々は、伝統を復活させました。 Sapi-Sapianの伝統は、牛のような服を着た何人かの男がすきを背負い、村の周り行進しま。彼らの背後には、伝統音楽を伴った村人がいま

Sapi-sapianの伝統で、村人は、地面り、畑をし、米のを植え、害虫駆除し、収穫の方法など、農業の良い方法を確認します。これは、この村人の農仕方再び思い出させることを目的としています。また、豊かな実りのために神に感謝のを表明することを含みます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 91 times Last modified on Tuesday, 07 August 2018 13:31