Wednesday, 08 August 2018 11:31

LemeaというBengkuluの典型的な料理

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

パソナインドネシアの時間です。今日は、LemeaというBengkuluの典型的な料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

インドネシアは、独特で美味しい典型的な料理があることで有名です。その独自性は、それをどのように加工するかによってもたらされることがあります。食物の腐敗を防ぐために発酵によって加工された独特な食品があります。その一つは、北Bengkulu Lebong 地区、Kepahiangの食品であるLemeaです。

Lemeaは、レジャン族特有の発酵食品です。 Rejang部族は、Bengkulu州に広く住んでいる民族部族の一つです。この発酵食品の主な材料は、タンパク質、アミノ酸、炭水化物抗酸化物質などの多くの栄養素を持つタケノコまたは若い竹です。通常、Lemeaでは、タケノコは、魚と混ぜ、発酵させます。使用される魚は通常、ティラピアまたはセイフフィッシュです。

Lemeaを作るプロセスは、確かに長い時間かかります。なぜなら、その過程で、この料理の基本的な材料は、発酵させなければならないので、3日ほどかかるからです。作るの方法は、まず、刻んだタケノコと魚を混ぜます。次に、両方の材料の混合物をよくかき混ぜます。その後、密封容器に3日間放置します。3日後、発酵の済みのものは、ココナッツミルクと赤玉ねぎ、ニンニク、、唐辛子、レモングラス、砂糖、塩など、スパイスの混合物で調理して再加工します。

Lemeaには、独特の味があります。インドネシアの他の郷土料理に味は、負けていません。発酵によって得られた酸っぱさや調味料の辛さは、いつもそのおいしさを想像させるだろう。いまでも、Bengkulu郷土料理を楽しむ人が、まだまだたくさんいます。加工された製品は、かんずめで、日本に輸出されます。 Bengkuluで、料理は、まだ毎日のホームフードメニューです。 Lemeaを味わってみたいと見ったら、このメニューがあるレストランがたくさんあるので、すぐに見つけられます

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 112 times Last modified on Wednesday, 08 August 2018 12:42