Thursday, 09 August 2018 11:19

インドネシア外相は、ミャンマーの国家安全保障アドバイザーの訪問を受けた

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

Retno Marsudi外相は、88日水曜日、ジャカルタの外務省で、ミャンマーの国家安全保障アドバイザー、Thaung Tunの訪問を受け、二国間協力とミャンマーのラカイン州での最新の動向について話し合いました。Retno Marsudi外相は、記者団に対し、会談では、ミャンマーがロヒンギャ民族に関連する問題の解決を早めるのを支援するために、インドネシアは、準備ができていると、再び伝えたと、語りました。そのため、インドネシアは、ラカイン州の最新情報を提供することによって、ミャンマーの開放を奨励し続けます。ミャンマーはまた、ラカイン州でインドネシアによる病院の建設に、直接、感謝を表明しました。

インサート:先ごろ、私は、国家安全保障アドバイザーの訪問を受けました。そして、私たちは、そこでの開発について非常にオープンに話し合いました。私は、開発が、どのようなものなのか、また問題解決を早めるために、再び、どのように支援するのか、について更新される事を願いました。さて、話し合うこと は、たくさんありますが、ポイントは、ミャンマーが他の国々から信頼を得るために、引き続きオープンである事が必要だという事です。その発展は、外へ向かって伝えられなければなりません。ですから、ポイントは、それです。そして、彼らは、現在進行中の病院開発支援に本当に感謝しています。

Retno Marsudi大臣はまた、ラカイン州でインドネシアによる病院の建設は、異なる、または包括的な背景の労働者が関与しているため、非常に感謝されている、と語りました。包括的な開発モデルは、後に、ラカイン州の将来の発展のために適応されます。201711月から建設が始まったインドネシアの病院は、予定では、今年の終わりに開院する予定です。ミャンマーのラカイン州Mrauk-U地区のミューンブウェ村にあるインドネシアの病院は、国際緊急救助委員会-MER-Cとインドネシア赤十字との協力による国際社会における人道的外交の一つです。

Read 29 times