Thursday, 09 August 2018 11:32

ASEANの51周年、インドネシア外相は、中心性が加盟国を前進させると確信

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

Retno Marsudi外相は、ASEANは、その中心性を通じ、平和で安定した地球環境の創造に貢献し続けていると語りました。Retno Marsudi外相は、88日水曜日ジャカルタで、ASEAN51周年記念日に、ASEANがその中心性を通じ、すべてのメンバーを、より高度に発展させ、迅速に発展させることができると確信しました。

インサート :ASEANは、平和で安定した環境の創造に多大な貢献をしています。そして、それは、私たちが昨日EAS(東アジアサミット)で話した時、本当に感じました。それはまた、ほとんどの国が、インド太平洋の概念の開発を含むASEANの中心性へのサポートを提供し続けることが見られるからです。ですから、常に多くの議論がありますが、そこにはASEANの中心性で、私達は、迅速に進むことができると確信しています。先ほど、私は、ASEANの中心性が支持され、多くの関係者に支持され、認められるなら、すべてのパートナーが、それを維持するために重要なことは、ASEANの統一だと伝えました。

Retno Marsudi大臣はまた、ASEAN51周年記念日は、ASEANがどこまで、どこに行くのかを反映する瞬間になることができると述べました。Retno Marsudi大臣は、外部的には、すべてのASEAN諸国が直面する課題は、ASEANが世界秩序の変化に合わせて、関連するまま維持する方法です。一方、内部的に、直面する課題は、経済的、政治的、社会的に、社会全体で感じることができるように、ASEANの利益を追求する方法だと説明しました。Retno Marsudi大臣によると、この地域組織は、東南アジアを敵対的な地域から友好的な地域に、貧困地域から機会に満ちた地域に、不安定な地域から平和で安定した豊かな生態系を持つ地域に変えたということです。Retno Marsudi大臣はまた、こうした積極的な成果にもかかわらず、ASEANは、しばしば批判を受けると語りました。なぜなら、急速に変化する地域および世界規模の課題に対応するのがいと、考えられているからです。しかし、ASEANが受けた批判は、この地域組織を、より良くするため建設的なものです。

Read 53 times