Thursday, 09 August 2018 11:36

インドネシア選手団を放ちち、大統領は、インドネシアがメダルを獲得できると楽観的

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

ジョコウィドド大統領は、88日水曜日ジャカルタの大統領宮殿で、ジャカルタと南スマトラ州のパレンバンで開催される、2018年、第18回アジア大会のためのインドネシア選手団を放ちました。大統領は、挨拶で、大会に参加する選手は、26300万人のインドネシア国民を代表する、最高の息子と娘であると語りました。大統領は、、選手たちが、第18回アジア大会に出場するために準備しているのを見たと述べました。大統領は、選手が金メダル16個を獲得して、獲得数でアジア大会、上位10カ国にインドネシアが入る事に楽観的です。

インサート:私は、コーチと公式団体によって支援されている、すべての選手が、大変な努力でもって、非常に長い間、訓練したことを知っています。私は、努力と長期間の訓練が、多くの金メダルを獲得すると確信しています。目標は、上位10位内に入ることです。私たちが獲得する金メダルは、少なくとも16です。それは、より多く獲得する事はいいですが、一つでも欠けてはいけない事を意味します。

インドネシアの選手団メンバー1383人を、ジョコ・ウィドド大統領が公式に許可しました。それは、938人の選手、365人の役員、80人の本部で構成されています。2018年のアジア大会は818日から開催されます。

Read 64 times