Thursday, 09 August 2018 11:41

インドネシア国家宮殿収集美術展

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ワルナワルニの時間です。今日は、インドネシア国家宮殿収集美術展についてお伝えします。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

インドネシア国家宮殿収集美術展は、201883日から31日までインドネシア国立美術館で再び開催されます。「インドネシア、世界の精神」をテーマにして、この展覧会では、1962年のアジア大会を含むインドネシア民族の精神を表現する闘争の物語を伝える絵画、彫刻、工芸、水晶、重量資料の45の芸術作品を展示します。この45の芸術作品は、ジャカルタ大統領宮殿、ボゴール宮殿、タンパクシリング宮殿、ジョグジャカルタ宮殿、チパナス大統領宮殿のコレクションです。全部で34人の素晴らしいインドネシア人と外国人アーティストの作品があり、その作品は、スカルノ大統領の時代からインドネシア共和国大統領宮殿で収集されています。また、Raden SalehBasoeki AbdullahNyoman Gunarsiなど、いくつかのマエストロの作品や他にもたくさんあります。

展覧会キュレーターのAmir Sidhartaによると、「インドネシア、世界の精神」と題した展覧会は、過去のインドネシアの文化外交と国家の精神を反映することができると期待されるということです。その一つは、アルゼンチンのアルベルト・フロンディジ大統領からスカルノ大統領に与えられたロベルト・フアン・カピュロの作品のSang Penombak(サン・ペンブンバク)像で、両国の関係を強化するためのものです。他の作品は、Raden Saleh Syarif Bustamanの作品の柳生(か)るの絵画です。この作品は、インドネシアとオランダ両国間の文化外交の一例です。なぜなら、Raden Saleh1851年に故郷に戻ってくる前に、ウィレム3世のための記念品として作られたからです。

国家間の友情は、1950年代半ば、にガラス会社Steubenによって作られたクリスタルのアジアアーティストというクリスタルコレクションにも暗示されています。36のクリスタルのうち、インドネシアの芸術家の3つの作品があります。例えば、Basoeki Abdullahの作品の「ビマと蛇」、Agus Djayaの作品の寺でダンス、Made Djataの作品の'Ngaben'です。3つは、195981日にチパナス宮殿においてスカルノ大統領への米国大使ハワード・ジョーンズが(ゆだ)ねました。これらの作品に加えて、東と南の戦士の象徴であり、1960年と1961年にハンガリーのスタジオでスカルノ大統領が注文した人像を展示しました。

美術展に加えて、訪問者は、KamiSketsa GalNasからスケッチを作成するワークショップ、美術鑑賞者になる教育指導プログラム、全国レベルの学生の絵画コンテストなど、委員会が準備した様々な一連のイベントに参加することもできます。すべての活動は、無料で、展覧会を自由に楽しむことができます。開催時間は、2018822日、Idul Adha祭日を除き、毎日午前10時から午後8時まで開催されます。展示は、一時的に終了することがあります。

これで、ワルナワルニを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。           

Read 5 times