Friday, 10 August 2018 13:19

ASEAN事務局の新ビルは2019年の初めに完成予定

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

インドネシア共和国外務省とASEANの協力を経て建設されたジャカルタの新しいASEAN事務局ビルは、2019年初めに完成する予定です。Retno Marsudi外相によると、201888日水曜日、ジャカルタで開催されたASEAN51周年記念日式典に出席した後の記者会見で、建物は、2019年半ばに稼動完了する予定で、すべてのASEAN諸国の各種会議を開催するために使用することができるということです。

Retno Marsudi外相は、ASEAN事務局の新しい建物の建設は、1977年に第2代インドネシアの大統領スハルトによって発足されたASEAN事務局の主要な機能を排除することはないと語りました。Retno Marsudi外相によると、歴史的建造物は、すぐ隣にある新しい建物に連結されるということです。ASEAN事務局の新しい建物は、現時点ではASEAN事務局ビルのすぐ隣にある旧南ジャカルタ市長のオフィスの土地を占有しています。土地は現在、外務省が所有する資産の一つです。建物は、2017初頭に建設を開始しました。建物は、17階建てで7階は、2階半地で構成され、環境にやさしい原則に基づいて構築されました。建物のデザインは、2015年にASEAN事務局ビルデザインコンテストで受賞したデザインです。デザインは、合計80応募作品の中から選択されました。

Read 20 times