Wednesday, 10 October 2018 11:48

北スラウェシ州のLINOW湖

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

ペソナインドネシアの時間です。今日は、北スラウェシ州のLINOW湖をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

トモホン市は、ロコン山とマハウウ山の2つの山にまれました。この場所は、美しい自然の景色でとてもクールだと思います。トモホンは、花を育てることによって、千花の都市と呼ばれます。トモホンの主要観光地の一つは、Linow湖です。

Linow湖は、北スラウェシ州南トモホンのLahendongに位置しています。 Linowという言葉は、水を集める場所を意味するlilinowanミナハサ語から来ています。湖の水の色は、緑、青、茶色に変わることがあります。水の色の変化は、湖にもれた硫黄元素と太陽の光線反射屈折によって引き起こされます。午前中は、湖の美しさを楽しむのに最適な時期です。なぜなら、その時、空気は、まだ清潔で、湖の周りの天気は、まだとても冷たかったからです。また、雰囲気は、とても静かで落ちいていました。

Linow湖のエリアに入ると、悪臭を感じます。臭いは、数百年前、Mahawu山の噴火による硫黄から出ています。したがって、この湖の水は、硫黄水であるため、観光客は、泳ぐことができません。なぜなら、硫黄の含有量が体をつける可能性があるからです。

トモホン市の中心部からLinow湖に向かうには、自動車で約20分かかります。この観光地の場所は、道路に簡単にアクセスすることができ、地形は、非常に簡単です。観光客は、紅茶やコーヒーを飲みながら、Linow湖の自然の美しさを楽しむことができます。これらの飲み物は、Linow湖のエリアにある店舗や屋台で入手できます。価格は、比較的安く、5,000ルピアから25,000ルピアに及びます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 77 times Last modified on Wednesday, 10 October 2018 12:20