Tuesday, 30 October 2018 14:00

アチェ州のPeurateb Aneuk伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、アチェ州のPeurateb Aneuk伝統をご紹介します。

アチェ州の住民は、彼らの子供の子守歌にユニークな伝統があります。その伝統の名前は、Peurateb Aneukまたは、Peuayon Aneuk伝統です。Peurateb Aneuk伝統は、アチェ住民の子供の子守唄を歌うことの形の文化です。Peurateb Aneuk伝統は、本質的には、アチェの子供達の行動と性格を植えるという枠組みの中で、早期幼児教育の概念です。歌った詩は、一神教、英雄主義、愛国心、高貴な態度や行動、親や教師の愛などの価値を浸透させるのに役立つ価値ある詩です。

時代を経過とともに、Peurateb Aneuk伝統はますます放棄されています。この伝統を維持するため、Lhokseumawe政府は、数日前に、Lhokseumawe市のMuara Dua県のLapangan Kandangで、Lhokseumawe伝統的な文化フェスティバルを開催しました。このフェスティバルでは、Peuayon Aneuk大会を開催しました。

Peurateb Aneuk大会の評価は、美学、詩の適正、詩的な意味、使用される財産に焦点を当てていました。シャリーアイスラムを適用する国として、一部の参加者は、子供を振るながらZikirを聖歌しました。Zikirと詩を混ざる参加者もいます。この大会は、アチェの地元芸術の接着剤で、若い世代がこの伝統を教えるために開催しました。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 37 times