Friday, 02 November 2018 11:23

東ジャワ州のThengulダンス

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ペソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のThengulダンスをご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

今月、1124日と25日に、東ジャワ州Bojonegoro地区、政府は、120人のダンサーが参加する大規模なThengulダンスを行います。このダンスは、BaurenoGajah 村の旧石灰岩採掘で、Gajah Watu Jodoという レリーフ デザイン コンテストで行われます。大規模なThengulダンスのほかに、この、レリーフ デザイン コンテストは、首都の歌手とアーティストが盛り上げます今回のペソナインドネシアでは、Ganaha Watu JodoのレリーフにあるThengulダンスを紹介します。

Thengul ダンスは、東ジャワ州Bojonegoro地区Wayang ThengulThengul人形)からインスピレーションを受けた伝統的なダンスです。このダンスは通常、3次元の形をしたThengul 人形に似た、動きと表現と衣装で、集団で上演されます。このThengulダンスは、芸術のために創造された独創的なダンスであり、時代の発展と ともに消滅するWayang Thengulの芸術を、再び、らせるための感謝と努力の一形態です。この新しい創造的なダンスは、1991年、東ジャワ州の文化イベントで展示するために、Bojonegoroの教育文化庁の要請により、Joko SantosoIbnuSutawaによって創作されました。このイベント後、Thengul ダンスは、好評し、最高のパフォーマンスのカテゴリーを獲得しました。それ以来、このダンスは、多くの人に知られ、Bojonegoroの伝統的な踊りのひとつになっています。

Thengulダンスは通常、7人の女性ダンサーによって行われます。ダンサーは、ぎこちない動きと可愛い表情で踊り、それは、この踊りの特徴の1つとなり、上演のたびに、ユーモアの印象を出し、喜ばせます。ダンサーは、人形のような衣装をにつけ、化粧をします。ダンサーの顔は、眉)、目は、黒い線で、白く化粧されます。 身につける衣装は、上部には、kemben(胸当て)のような衣装が、下部には、bledakのモチーフの長い織物を使用します。 Bledakのモチーフは、白い、象牙色クリーム色を基調にしたモチーフです。頭の上には、頭部のアクセサリーの一種であるcundhukを使います。

パフォーマンスでは、Thengul ダンスは、oklikithik - ithik、バイオリン、laras slendroガムランなどの様々な伝統楽器により伴奏されます。伴奏音楽以外に、歌も一緒です。現在、Thengul ダンスは、Bojonegoroや他の地域の文化祭で常に上演される事により、保護され続けています。このダンスは、Bojonegoroを訪れる来賓歓迎するために、しばしば上演されます。

これで、ペソナインドネシアを終わります。明日もほかの魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 37 times