Friday, 02 November 2018 11:44

インドネシアとドイツは、4.0産業協力を強化

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ジョコウィドド大統領は、111日木曜日、ジャカルタの大統領宮殿に、ドイツ連邦共和国のピーター・アルトマイヤー経済・エネルギー大臣を迎えました。この機会に、大統領は、投資調整庁(BKPM)のトーマス・レンボン(Thomas Lembong)長官とエネルギー鉱物資源大臣(ESDM)のイグナディウス・ジョナン(Ignasius Jonanを伴いました。会談後、トーマス・レンボン長官は、ジョコウィ大統領とアルトマイヤー大臣は、産業革命4.04点ゼロ)について話し合ったと説明しました。

インサート :ドイツは、企業から企業までの工業用インターネットに非常に強いですが、まだ、ビジネスから消費者までには弱いです。一方、私たちは、tokpediatravelokabukalapakのような、ビジネスから消費者に強いですこれは、私たちの強みが、お互いを補完する例です。興味深いことに、大臣は、おそらく4番目または4.0の産業技術の中で最も重要なものは人工知能だと伝えました。彼によると、200年前の蒸気機関 以来の最も強力な創造だということです。将来的には、機械知能 産業分野では、電気と同じように影響を与えます。すべてのマシン、すべての生産はマシン インテリジェンスへ流れ込むでしょう。

トーマス・レンボン長官は、ジョコウィ大統領とアルトマイヤー大臣はまた、職業教育についても話し合いました。このことは、ジョコウィドド大統領が3年前にドイツを訪問した際、インドネシアとドイツで議論されました。この職業教育は、工業機械、自動車機械のような機械技術や工学技術を習得するための、労働者の職業訓練や実践的スキルの事です。4.0産業または4産業革命に関連して、ロボットや自動化の問題について話し会いました。

Read 46 times