Monday, 05 November 2018 09:00

国家捜索救難庁の局長:Lion Airの捜索救助操作は3日間延長させた

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

国家捜索救助庁のM Syaugi局長は、Lion Air PK-LQP航空機の捜索救助操作を3日間延長すると述べました。これは、114日日曜日に、書かれた声明でM Syaugi局長が語ったものです。Syaugi局長は、締切りの延長っと捜索救助操作に関わるすべての共同チームの相乗効果と強固性で、すぐに作業を完了することができると期待しています。日曜日の7日までに操作の結果が、捜索救助チームは災害犠牲者識別チームによってラベルを付けられた138の身体バッグを避難させることに成功しました。彼は、犠牲者のほかに、捜索救助チーム、特にダイバーが、エンジンを発見したが、一つのエンジンは統合コマンドポストに避難しており、もう一つは座標が確定していた不完全な状態でした。機体に関しては、国家捜索救助庁の局長は、捜索救助チームはまだ見つからないと説明しました。

Read 20 times Last modified on Monday, 05 November 2018 17:24