Tuesday, 06 November 2018 06:25

副大統領がPalu災害再建の調整会議をリード

Written by 
Rate this item
(0 votes)

ユスフカラ副大統領は、PaluDonggalaSigiでの地震、津波、液状化(えきじょうか)の復興または災害再建に関連する調整会議をリードしました。調整会議は、Wiranto政治法務治安調整大臣、Sofyan Djalil農業問題と空間計画大臣、中部スラウェシ州Longki Djanggola知事、Hidayatパル市長、中部スラウェシ州の地方政府開発機Patta Tope会長が出席しました。これは、月曜日、ジャカルタの副大統領オフィスで、中部スラウェシ災害管理コーディネーターとしてWiranto大臣が語ったものです。政府は、スラウェシ島中央部の液状化災害後にもはや住むことのできない「赤い地域」の変わりとなる地域を設立するための研究を実施するために、地質庁を通じて、エネルギー鉱物資源省(ESDM)を尋ねました。政府は、1カ月間赤い地域を調査する時間を与えています。その後、面積と家族の人数をどのくらい新しい場所に移す必要があるかを決定します。


Read 38 times Last modified on Wednesday, 07 November 2018 11:25