Tuesday, 06 November 2018 10:42

メガワティはインドネシアと中国の関係について語った

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

メガワティ・スカルノプトリ元大統領は、インドネシアと中国との友好関係は、数世紀前から行われてきた伝統的な友好関係だと語りました。これは、月曜日中国福州市で、Fujian福建省TangDengjie知事との友好会談で、メガワティ元大統領が語ったものです。メガワティ元大統領は、両国の友好の歴史の一部で、インドネシアは、中国の熟練した船員のチェンホ提督と切り離すから分離することはできないと説明しました。チェンホ提督は、インドネシアに来て、国のいくつかの場所を訪れました。また、現在、多くのインドネシア人は、中国からの移民であり、同国の起業家になっています。この機会に、メガワティ元大統領は、月曜日、中国福州福建師範大学の経済外交分野で名誉博士号のタイトルを受賞しました。名誉博士号のタイトルは、ブン・カルノの宣言者の娘が受け取った8度めのものです。


Read 35 times Last modified on Wednesday, 07 November 2018 11:27