Thursday, 08 November 2018 06:49

インドネシアとチェコの貿易関係は強化され続ける

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

Eko Putro Sandjojo村落途上地域開発大臣は、1993年にインドネシアとチェコ共和国の間に外交関係が設立されて以来、両国は、教育、観光、貿易など様々な分野で協力してきたと語りました。貿易部門では、インドネシアとチェコの貿易額は、安定して増加し、5%になります。しかし、これは、両国間の貿易関係の真の可能性を示していません。したがって、両国の協力は、引き続き改善されなければなりません。これは、最近、ジャカルタで、旧チェコスロバキア建国、100周年の記念日の演説で、Eko Putro大臣が語ったものです。

インサート :二国間貿易関係では、毎年、5%の安定的な増加が、見られます。 2017年に、その額は、2億6千5百万 米ドルに達しました。 しかし、これは、私たちの関係の真の可能性を反映していません。 9月にミラノ大統領に同行したビジネス代表団の訪問は、私たちのビジネスを統合し、しばしば彼らと連絡をとることによって、貿易の価値を高める 多くの方法のひとつです。

Eko Putro大臣は、チェコ共和国の事業家は、5年前からインドネシアでマイクロ ファイナンス活動に投資していると述べました。Eko Putro大臣は、まだ発掘されていない農村地域には、多くの可能性があるため、他のチェコの事業家もインドネシアへの投資に参加するよう招待します。

Read 35 times