Friday, 09 November 2018 06:37

インドネシアの大統領がシンガポールでの第33回ASEAN首脳会議に出席の予定

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は、シンガポールのサンシティで、1113日に開催される第33ASEANサミットまたは東南アジア諸国首脳会議の本会議に出席する予定です。大統領は、Retno Marsudi外相を同行させます。外務省の外交協力ディレクター、Benny Siahaanは、118日木曜日、ジャカルタの記者会見で、ジョコ・ウィドド大統領がセッションで、ラッカイン州の人道危機を含むこの地域の危機についてインドネシアの見解を伝えると語りました。

インサート : 1113日、本会議です。大統領は、特に地域の危機に直面する際の同胞としてのASEANの重要性を伝えます。そして、ASEANは、ラファイン州の人道危機を解決し、インド太平構想に基づきミャンマーを支援します。このサミットには、批准される約7つの成果がありま

 Benny Siahaan氏によると、この7つの成果には、シンガポールが提案するスマートシティの枠組み、包括的かつ平等な雇用を支援するASEAN宣言、気候変動に関する共同声明、領事案内援助の宣言が含まれます一方、1114日にASEAN・オーストラリア、ASEAN・中国、ASEAN、ロシア、ASEAN・日本の会議など、ASEANの各加盟国とのASEAN会議が開催されます。1115日には、ASEAN・米国とASEAN + 3、東アジアサミットの会議を開催されまその後のASEAN・ロシア会議では、インドネシアがコーディネーターとして対応し、ジョコ・ウィドド大統領は、ロシア向けASEAN諸国の見解を盛り込んだASEAN共通声明を発表します。

Read 43 times