Friday, 09 November 2018 10:40

援助の到着を確認し、IFRCがロンボク島地震の犠牲者を訪問する

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

国際赤十字と赤い三日協会連盟IFRCは、西ヌサトゥンガのロンボク島を訪問し、被災者の状況を確認しながら、配布された援助が確実に受け取られたことを確認しました。IFRC事務局El Hadj Asy Sy氏は、木曜日、北ロンボク地区のPendua村を訪問した際、西ヌサトゥンガのインドネシア赤十字社(PMI)に支援を提供することに加えて、災害の影響を受けたロンボクの人口状況を同時に調査すると語りました。El Hadj Asy Sy氏によると、地震の被災者は、それぞれ必要なものが異なっているということです。したがって、現場への訪問は、地震後の復興に必要な条件および必要なものについての堅実の情報を提供します。IFRCは、ロンボク島における地震被災者のための「避難所」開設援助と仮設住宅の形態での支援を行っています。その他の援助は、適切な衛生設備を建設し、赤十字給水車を使用して清潔な水を供給し、地震の影響を受けた子どもたちに医療サービスや社会サービスを提供し、地域経済の回復を支援する形で提供されことです。

Read 51 times