Friday, 09 November 2018 10:51

ロンボク島のRoah Segareの伝統

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

パソナインドネシアの時間です。今日は、ロンボク島のRoah Segareの伝統をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

インドネシア人の大半は、農家や漁師として働いています。したがって、人々の職業と関係する様々な伝統があることは、驚く事ではありません。例えば、ロンボクの人々によって、行われるRoah Segareの伝統です。この伝統は、豊かな海産物に対するKuranji Dalang村の漁師の神への感謝の形です。 Roah Segareは、イスラム暦のMuharram月に開催されます。今年は、西ロンボク県、LabuapiKuranji Dalang村のKuranjiビーチで開催されました。

先の、114日には、Labuapiの数百人の漁師が、Roah Segare伝統を開催するために、Kuranjiビーチを埋(う)くしました。この伝統は、感謝の気持ちを表すものとして、現在まで、代々受け継がれ、また、あらゆる種類の災害からざけられています。Roah Segareの行列は、BarzanjiSelakaranZikirを読み、神への祈りで始まります。その後、Dulang Penamatというお供え物のために祈り、ビーチに運ばれます。その Dulangは、海に流されます。流すのは、豊富な海産物に対する漁師の感謝の象徴です。

Roah Segareの伝統には、行わなければならない、いくつかの慣習的な決まりがあります。例えば、漁師は、Roah Segare儀式が行われた後、3日間、海に行くことはできません。これは、漁師が海産物を取った後、海に回復する時間を、しばらく与えるためです。地元の人々は、決まりを破ると、漁師は、災難に会うと信じています。3日後、漁師たちは、新しい希望と熱意で、豊富な海産物を得るために海に行くことができます。  

海に流した後、人々とお客は、既に、お祈りが、されている食事で、もてなされます。彼らは、一つの大きな器、またはトレイで一緒に食べる Begibungという伝統儀式を行います。一緒に食べる事は、Kuranjiビーチでの漁師の共生と家族主義の表れです。Roah Segareは、単なる伝統ではなく、西ロンボクで観光のアイコンの一つになるために行われ、発展し続けています。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 65 times