Friday, 09 November 2018 10:55

ユネスコは、煙汚染を議論するMOSTアカデミーを開催

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

国連教育科学文化機ユネスコは、2018118日から10日までユネスコ社会変革管理アカデミー(UNESCO MOST Academyを開催します。ジャカルタのユネスコ社会知識人類学ユニップログラムスペシャリスIrakli Khodeli氏は、木曜日リアウ州のペカンバルでUNESCO MOST Academyの開会式で、このフォーラムは、それぞれの関係者が、スモッの危険に対処するための経験を生かして貢献する場だと語りました。リアウは、環境社会災害の影響を強く受けた地域の一つと考えられているため、会議の主催者として選ばれました。Irakli Khodeli氏によると、経験を共有することに加えてこの3日間の会議はまた、スモッの処理に効果的な措置をとるために政府の提言や提案がなされることを期待していま

インサート :ここでのアイデアは、意見を交換し、煙による大気汚染の重大な問題に対して何ができるかをお互いに学ために次の2日間一緒に専門家、開業医の意見を求めます。

UNESCO MOST Academyは、煙霧汚染を止めるための生命倫理と持続可能な科をテーマにしました。Irakli Khodeli氏は、生命倫理の側面としては、2017年の気候変動との関係における倫理原則宣言の採択を考慮して提起されと説明しました。同氏によると、宣言は、特に気候変動に関して、政府が採決したすべての決定において科学を倫理原則として使用することの重要性を強調しました

Read 70 times