Thursday, 11 January 2018 12:00

インドネシアは、ASEANにおける犯罪人引渡条約の設立を奨励

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

インドネシア政府は、ASEAN地域のための犯罪人引渡条約の設立を奨励します。水曜日の外務省のASEAN協力のディレクター、ホセ・タバレス氏は、インドネシア政府は、東南アジアにおける国境を越えた犯罪の増加に伴い、犯罪を含むASEAN諸国間の強力な法的協力が必要であると考えています。ホセ・タバレス氏によると、インドネシアは、今年のASEAN閣僚会議において、同条約の設立に関する議論を奨励するということです。しかし、この条約の設立は、ASEANにおける主要な事業です。したがって、ホセ・タバレス氏によると、ASEAN協力総局と外務省の法および国際条約総局は、ASEANの犯罪人引渡条約の設立を奨励して、法務人権省と協力するはずだということです。また、彼は、SEANの各加盟国内で法律を執行するのを支援すると考えています。

Read 89 times Last modified on Thursday, 11 January 2018 16:48