Friday, 05 July 2019 12:14

東ジャワ州のKasapビーチ

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のKasapビーチをご紹介します。

ビーチに旅行したい人には、Pacitanは、まさにふさわしい目的地です。ここには、様々な美しいビーチが広がっています。白い砂浜ビーチと岩の美しい景色を望む場合は、Watu Karungビーチ、Srauビーチ、Klayarビーチ、Kasapビーチがおすすめです。しかし、観光施設の充実したアクセスしやすいビーチを望む場合は、東ジャワ州のパチタン市の中心部からわずか3キロしか離れていない、Teleng Ria ビーチも選択肢の一つです。

Kasap ビーチは、Pacitan "Mini Raja Ampat"(小さなラジャアンパット)と言われています。なぜなら、このビーチには、Raja Ampatを訪れたときに見つかる風景のような小さな島が見えるからです。そこには、いくつかの緑豊かな島々の景色を見ることができる丘があります。丘の上の緑の牧草地は、Raja AmpatPainemo地域に似た魅力があります。それに加えて、 Kasapビーチは、波が高すぎないので、このビーチで泳いだり、水際で遊んだりしても安全です。夕日のパノラマも、とても美しくて楽しめます。

Kasap ビーチは、Pacitan PringkukuWatukarungGumuharjoにあります。このビーチに入るには、一人当たり17000ルピアの入場チケットを払わなければなりません。Kasapビーチに行けば、近くにあるいくつかの観光地を訪れることができます。そのうちの1つは、Kasapビーチので手前にあるマロン川です。この川では、観光で川下がりも試すことができます。

 

Read 111 times