Wednesday, 17 July 2019 11:49

東ヌサトゥンガラ州の美しいWAIRINDINGの丘

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ヌサトゥンガラ州の美しいWAIRINDINGの丘をご紹介します。

常に私たちの心の中で想像されていない美しい場所の魅力を見るための言葉を言葉に終わりはありません。インドネシア東部奥地に、国内外の観光客にはあまり知られていない楽園のかけらが保存されています。おそらく誰もが魅力的にし、それを見たときに感謝するWAIRINDINGの丘は、完璧な自然の状態を提示します。その美しいサバンナで石灰岩の丘で満たされているスンバの土地は、確かに非常にエキゾチックです。

Wairinding の丘は、静寂、そしてとても自然のままの美しさを楽しみたい観光客に最適な場所です。この丘は、ミラ・レスマナ監督の「ゴールデンスティック剣士」と題された撮影場所の1つになったので、観光客が訪れるようになりました。この場所は、とても美しい丘陵地帯風景があります。PandawaiPambota Jara村にあり、東スンバ市内中心部から車で約30分のその丘は、その広大な草原植生で素晴らしく見えます。

Wairindingの場所への道路の状態は、非常に良好で、道路ががっていても、(なめ)らかな舗装されました。訪問者は、曲がりくねった地形のため、"レターS"として知られているスンバWaingapu - ワイカブバクのトランス道路を通過します。運転時間は約3045分で、その場所に着きます。そこから、まだ屋台の後ろの500メートルの丘を登る必要があります。 Wairindingには、公式の入場券はありませんが、すべての訪問者は、ゲストブックに記入し、地域社会の福祉のためだけにお金寄付することをお勧めします。その場所の周辺に補助施設はありません。周辺には、小さなお店しかありませんが、それは、完全ではありません。訪問者は、東スンバの天気は、日中はとても暑いので、食べ物、特に飲み物を持ってくることをお勧めします。 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 137 times