Friday, 19 July 2019 13:27

パプア州のSELAMAT DATANGダンス(歓迎ダンス)

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

パソナインドネシアの時間です。今日は、パプア州のSELAMAT DATANGダンス(歓迎ダンス)をご紹介します。

典型的なパプアの楽器であるティファの音は、歓迎ダンスのダンサーのあらゆる動きを伴います。歓迎ダンスは、パプアの人々の知恵と高貴な文化です。パプアの人々にとって、このダンスは、尊敬の形、ゲストが好評であることを示し、ゲストを歓迎してくれたパプアの人々への感謝と幸福の表現として解釈されます。歓迎ダンスは、敬意を表するゲストまたは重要な人々を迎えるために、男性および女性のダンサーによって行われます。

歓迎ダンスは、一緒に行われます。最初は、女性ダンサーが、を形成し、大声で歌いました。女性ダンサーは、名誉の客をえに行き、それから、敬意の形としてネックレスとヘッドカバーを着けます。客は、終了するまでダンスに一緒に招待されます。これは、客がパプアの人々に非常に好評であることと、その一部になったことの象徴です。それから、ダンスの中盤で男性のダンサーが、参加します。彼らは、時折、、その他の武器を持ち上げながら行き来します。彼らが、長く踊るほど、作る円が、大きくなりほど、彼らが音楽にさらに盛り上がります。

歓迎ダンスで歌われる曲は、一般的に感謝の表現と人生について肯定的なすべてについての物語です。彼らは、これらの前向きな歌詞が客を訪問中に快適に感じるようになると信じています。そして、ホストに与えます。歓迎ダンスでは、ダンサーは木の樹皮と植物のから衣装を着ます。自然の素材は、彼らが体を被うことができるような方法で処理されます。ダンサーは、ヘッドギア、ネックレス、ブレスレットを着用しています。民族の絵画も、彼らの体を着色します。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 103 times