Wednesday, 31 July 2019 08:56

Flores の魅力的なNGADAとバジャワコーヒー

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、魅力的なNGADAとバジャワコーヒーをご紹介します。

美しい公園の中で一杯の暖かいコーヒーを楽しむことは、確かに非常に特別です。木から直接コーヒー豆を選ぶと、さらに特別になります。1,621平方キロメートルの面積、人口162,299人を持つNgada 地区は、Flores Bajawa コーヒー豆の主要生産国です。それは、比較的小さい面積を持っていても、Ngadaの人々は、 FloresBajawa Arabicaコーヒーの優位性を通して村を築くことを約束しています。最近、ジャカルタで開催された「Flores Bajawa コーヒー世界を征服した」イベントで出会った、Ngada 県長Paulus Soliwoaは、Ngada地区にコーヒー農園を開発して農業観光になるという彼の夢を語りました。

インサート1 :例えば、ボロボボの観光です。私は、雲の上の丘を言った、斜面には、すべてが、Flores Arabicaのコーヒー農園です。私たちは、カフェを開きたいのですが、アグロツーリズムのコーヒー農園を目指しています。例えば、コーヒー農園で人々がそれをう方法、自分でやるコーヒーができるまでの過程、彼は、自分で醸造した、自分で飲んだことです。

Ngada 県庁の夢は、インドネシア農業省を通じて中央政府によって歓迎されました。

インサート3 :私達は、私達のプログラムで支持し、私達は、彼らが計画したことを強化します。優れているのは、Arabicaコーヒーです。Flores Bajawa Arabicaをコーヒーの商品としてだけでなく、そのツアーに関連するアイコンになるように宣伝しましょう。それは、すごいです。私は、農業省BUN 500で私たちのプログラムと結びつくことができる技術を伝えました。そこでは、保育園、シード源農園が建設され、また、すぐに植え(か)えがありました。私たちは、彼らは、大きな可能性を秘めているので、広げます。インフラの観点について、私は、管理のコンテキストがより効率的になるように、工作機械のためのPSP局長とも協力しました。

農業省植林局長Kasdi Subagyono博士からの支援は、観光地やその優れた商品の宣伝に積極的に取り組むために、Ngada 地区の人々の精神を喚起することに成功しました。Paulus県長はまた、Ngada地区に来る外国人および国内の観光客のほとんどは、コーヒーと文化、そしてその地域が持つ自然の観光地に興味を持っていると述べました。Ngada地区には、ビーチ、湖、滝、丘、山から温泉など、多くの観光名所と自然のままの観光の可能性があります。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 75 times