Wednesday, 07 August 2019 11:50

中部ジャワ州ディエンの寺院複合

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州ディエンの寺院複合をご紹介します。

寺院の歴史的遺物を訪れなければ、インドネシアへの旅行は、確かに完全ではありません。多くの観光客にまだ知られていない歴史的遺物の一つは、中部ジャワ州ディエンにあるアルジュナ寺院です。周囲の人々は、ディエンエリアの寺院の名前にワヤンマハバラタ人形の名前を付けました。有名な寺院の一つは、アルジュナ寺院です。この寺院は、インドネシアで最も古い寺院の建物であり、古代マタラムのサンジャヤ王朝によって8世紀に建てられたと推定されています。アルジュナ寺院は、ディエンヒンドゥー寺院複合で最大の寺院の建物の一つです。この複合施設には、サイズの小さいスマール寺院、スリカンディ寺院、プンタデワ寺院、センバドラ寺院もあります。アルジュナ寺院は、複合施設の寺院の列の北に位置しています。一方、セマール寺院は、アルジュナ寺院の補完寺院です。2つの寺院の建物は、向かい合っています。

ディエンに寺院の建物を設立することは、周囲の人口が近接しているため、かつてはジレンマでした。寺院は、人々よりも早く設立されましたが、事実は、寺院複合体が、ほとんどが農民である周囲の人々と直接接触しています。野菜農家、特にジャガイモとして働くディエンの人々は、最終的に寺院の周りの土地を使用して作物を栽培します。しかし、2010年以来、ディエンの人々は、これらの歴史的遺物を尊重することの重要性を認識しています。農民たちはその後、寺院複合の外に移動し、寺院の周りの土地を庭の複合施設でより美しくなるように変更し、プルバリンガ地区の主要な観光地の一つになっています。

周囲の人々による寺院複合施設の変化は、アルジュナ寺院をドレッドロックのカットの儀式を実行するための主要な場所として、または一般的に子供に行われるウェドゥスジェムベルとして知られるディエン文化祭の実施によって特徴付けられました。そのため、2010年からは、アルジュナ寺院複合施設が、観光開発に使用され、バンジャルネガラ観光局とPokdarwisという旅行を意識したグループによってパッケージ化されています。アルジュナ寺院や他の寺院を訪れる観光客は、通常寺院の内部にある彫像を見つけることはありませんが、これらの彫像は、寺院の外に移動され、寺院複合体の反対側にあるカイラサ博物館内に整然と配置されています。

ディエン寺院複合に到着するために、観光客は、中部ジャワ州のスマラン市を通り、テマングン市またはペカロンガン市を通る公共バス車両または自家用車を使用して南西へ道路で進むことができます。別の選択肢は、ジョグジャカルタ市を通る。ウォノソボ市を通る北への道路で続います。ペラウ山とシンドロ山周辺のディエンの気候は、やかでくなりがちで、6月、7月、8月の夏は、特に夜間、摂氏マイナス11度に達します。は、午後遅くに降りることが多いため、視界が、短くなり移動が困難になることがあります。今年の半ばにディエン寺院複合にあるアルジュナ寺院を訪れたいなら、良い冬用具を準備しましょう。 

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 67 times