Friday, 09 August 2019 11:21

インドネシアとトルコは、包括的な経済連携交渉について議論

Written by 
Rate this item
(1 Vote)
水曜日にムルデカ宮殿でジョコ・ウィドド大統領に信任状を届けたときのインドネシアのマムート・エロル・キリック大使。 (2019年7月8日)。 水曜日にムルデカ宮殿でジョコ・ウィドド大統領に信任状を届けたときのインドネシアのマムート・エロル・キリック大使。 (2019年7月8日)。 Foto : antaranews.com/Bayu Prasetyo.

 

インドネシアとトルコは、包括的経済連携協定の交渉の進展について議論しました。これは、87日水曜日ジャカルタのムルデカ宮殿で、12人の特命全権大使が大統領に信任状を提出するイベントで、ジョコ・ウィドド大統領に同行した後、レトノ・マルスディ外相が語ったものです。アンタラ通信社は、信任状を提出した友好国の代表者の一人は、トルコの特命全権大使マフムットエロールキリックだと報告しました。トルコとの経済連携協定については、レトノ・マルスディ外相は、今年の交渉が完了することを望んでおり、来年、インドネシアがトルコとの外交関係70周年を記念する場で署名することができます。レトノ・マルスディ外相は、トルコのレセプ・タイップ・エルドアン大統領は、2020年にインドネシアを訪問する予定だと説明しました。

Read 223 times