Tuesday, 13 August 2019 15:11

大統領は、パーム油CPOを「グリーンavtur(航空燃料)」に加工するように指示

Written by 
Rate this item
(0 votes)
Joko Widodo大統領(左)とJusuf Kalla副大統領(右)は、月曜日にジャカルタの大統領府で行われた限定内閣会議の議長を務めました。 (2019年12月12日)。 Joko Widodo大統領(左)とJusuf Kalla副大統領(右)は、月曜日にジャカルタの大統領府で行われた限定内閣会議の議長を務めました。 (2019年12月12日)。 Foto : republika.co.id/Antara/Wahyu Putro A.

 

ジョコウィドド大統領は、パーム油CPOを、環境に優しい「グリーンavtur」タイプの燃料に加工するよう指示しました。ジョコウィドド大統領は、月曜日に ジャカルタの大統領事務所での 参加者 限定会議の開会式で、この対応策は、貿易収支の赤字、経常収支の赤字が改善できるように、航空燃料の輸入を削減することだと語りました。ジョコウィドド大統領はまた、Pertamina社(インドネシア 石油公社)に、「コ プロセッシング」を通じて 、Pertamina社の いくつかの 製油所でCPOを利用した グリーン ディーゼルとグリーンガソリンを生産するよう 要請しました。大統領は、20201月に、B20バイオディーゼルの使用がB30に移行できることを望んでいます。

Read 424 times