Thursday, 22 August 2019 12:45

インドネシア外相は、インドネシア、アフリカインフラ対話の実施に満足

Written by 
Rate this item
(0 votes)
インドネシア外相は、インドネシア、アフリカインフラ対話の実施に満足 Foto : Borgias_V.O.I

 

 

Retno LP Marsudi外相は、8億2200万米ドルに達するビジネス契約の形で具体的な結果を生み出した事から、インドネシア、アフリカインフラ対話会議の実施に非常に満足したと語りました。Retno LP Marsudi外相は、8月21日水曜日バリヌサドゥアコンベンションセンターで、Luhut Binsar Panjaitan海事調整大臣とEnggartiasto Lukita産業大臣とに記者会見で、ビジネス契約の数が、インドネシアアフリカインフラ対話の実施2日目には、成立していなかったため、再び増加する可能性があると語りました。Retno LP Marsudi外相によると、到達したビジネス契約の数は、インドネシアとのパートナーシップにおけるアフリカの国の可能性を反映するということです。

インサート :いくつかの理由により、この会議の実施に非常に満足しています。まず、具体的な問題について話しますと、昨日発表された数字は、ビジネス取引が、822米ドルに達します。これは、少なくありません。また、インドネシアと協力を望むアフリカの大きな可能性であり、昨年の結果より増加を示していますれは、8月20日、昨日一日あたりの数字です。その後、8月21日にまだ数えられていない多くのビジネスミーティングがあります。そのため、このインフラ対話の結果に非常に満足しています。

 

Retno LP Marsudi外相は、インドネシア、アフリカインフラ対話会議は、インドネシアへのアフリカ諸国の信頼が、ますます大きな意味を持つと説明しました。Retno LP Marsudi外相によると、インドネシアとの具体的な協力の形でアフリカ諸国の高い信頼は、一歩前進したということです。Retno LP Marsudi外相はまた、インドネシア、アフリカインフラ対話会議は、インドネシアとアフリカにとって、インフラ、鉄道、鉱業、教育、観光分野での協力の可能性をより明確にる機会だと述べました。アフリカインフラ対話会議からの合意の結果は、2019年9月、直ちに省庁によってフォローアップされると語りました。

 

Borgias V.O.I

Read 50 times Last modified on Friday, 23 August 2019 14:43