Thursday, 22 August 2019 12:49

産業省へ、アフリカ諸国から多くの投資の誘い

Written by 
Rate this item
(0 votes)
産業省へ、アフリカ諸国から多くの投資の誘い Foto : Borgias_V.O.I

 

 

インドネシア産業省は、バリ島ヌサドゥアで、2日間のインドネシア・アフリカ・インフラ対話、及び、一連の二国間会議を実施しました。Enggartiasto Lukita産業大臣は、Retno LP Marsudi外相、8月21日水曜日バリヌサドゥアコンベンションセンターで、Luhut Binsar Panjaitan海事調整大臣とに記者会見で、ジブチ、ザンジバル自治区、ソマリア、エチオピア、ウガンダなどのアフリカ諸国の当局者と二国間会議を開催したと説明しました。Enggartiasto Lukita大臣は、ウガンダはインドネシアにイスラム銀行部門と革靴(かわぐつ)部門に投資するよう要望したと語りました。

インサート :ウガンダは、革靴部門とイスラム銀行に投資して、ウガンダに支店を開設するよう要望しました。また、インドネシア製品の輸出のためのヘルプデスクを準備することウガンダ大臣から提案されました。

また、Enggartiasto Lukita大臣は、ウガンダからの申し出に応えて、共同の実現可能性段階へ引き上げるための研究を奨励すると説明しました。Enggartiasto Lukita大臣によると、タンザニアの自治区であるザンジバルとの二国間会議で、インドネシアは、ザンジバルでの観光開発に誘われされました。

ソマリアとの二国間会議で、インドネシアは、住宅部門への投資を求められました。ソマリアの申し出に応えて、Enggartiasto Lukita大臣は、公共事業国民住宅大臣にソマリアでの低価格住宅建設の可能性について対応するよう指示すると述べました。

 

Borgias_V.O.I

Read 52 times Last modified on Friday, 23 August 2019 14:45