Friday, 23 August 2019 15:28

クリエイティブエコノミーは、2020年にインドネシアの国内総生産GDPの9%に貢献することを目標

Written by 
Rate this item
(1 Vote)
クリエイティブエコノミーは、2020年にインドネシアの国内総生産GDPの9%に貢献することを目標 Foto : kemlu.go.id/Dok. Dit. Eropa I, Kementerian Luar Negeri.

 

 

ジョコウィドド大統領とフランスのFrancois Hollande大統領は、2017年、クリエイティブエコノミーに関する共同声明を通じて両国間の協力を強化することに合意しました。インドネシアは、フランスのデジタル産業と映画撮影を学び、協力したいと考えています。これは、822日木曜日ジャカルタの外務省で開催されたフランスのデジタル産業と映画撮影から学ぶと題したクリエイティブな話の意見交換のイベントの演説の中で、外務省の第1欧州ディレクターDoni R. Kusnadi氏が語ったものです。彼はまた、インドネシアは、クリエイティブエコノミーが、2020年にインドネシアの国内総生産の9%に貢献することを目標としていると述べました。

インサート :インドネシアにとって、クリエイティブエコノミーは、経済発展の重要な分野です。私たちは、クリエイティブエコノミーが、2020年に国内総生産の9%貢献することを目標としています。これは、2020年に1兆米ドルの9%を意味します。

Doni R. Kusnadi氏はまた、クリエイティブエコノミーは、巨大な経済的機会をもたらしただけでなく、グローバルコミュニティと両国間の関係を強化することもできると語りました。クリエイティブな話の意見交換では、在フランスインドネシア大使Arrmanatha Nasir、インドネシア外務省の職員、クリエイティブエコノミー庁、ジャカルタのフランス大使館が出席されました。

 

Dit. Eropa I, Kementerian Luar Negeri

Read 71 times Last modified on Friday, 23 August 2019 15:30