Friday, 20 September 2019 12:57

インドネシアは、人権理事会でのバヌアツによるパプア問題の政治化に答える

Written by 
Rate this item
(0 votes)

インドネシア代表団は、2019917日の第42回国連人権理事会セッションの第4一般討論議題でパプアと西パプアの問題を政治化したバヌアツの声明に応答するために、その返事権を使用しました。これは、木曜日ジャカルタのアンタラが受け取った書面で、ジュネーブにインドネシア常駐代表が伝えられます。インドネシア代表団は、バヌアツによる人権問題の政治化への対応を開始し、20198月の太平洋島フォーラムサミットコミュニケシーで述べられているように、パプアに対するインドネシアの主権の認識の太平洋諸島首脳の肯定の暖かい歓迎を伝えました。また、人種差別主義と差別は、多元的な民主主義国インドネシアには、余地がないことを強調されています。世界最大の民主主義国家の一つとして、インドネシアは、表現の自由と平和な公共表現を保証し続けます。

Read 39 times