Friday, 20 September 2019 13:02

インドネシア・モザンビーク特恵貿易協定は、アフリカ市場へのアクセスを拡大すると予想

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

インドネシアのEnggartiasto Lukita産業大臣とモザンビークのRagendra Berta de Sousa工業産業大臣は、827日火曜日、モザンビークのマプト市で、インドネシア・モザンビーク特恵貿易協定に調印しました。調印は、モザンビーク最大の見本市、第55回国際見本市-FACIM 2019の際に行われました。インドネシアとモザンビーク間の特恵貿易協定の交渉は、バリで2018年に開催されたインドネシアアフリカフォーラムのちょうど1年後に行われました。産業省の二国間交渉のディレクター、Ni Made Ayu Marthini氏は、919日木曜日、ボイスオブインドネシアとインタビューで、これはアフリカ大陸の国との最初の貿易協定であり、また、希望の大陸と呼ばれるアフリカでの市場アクセス拡大の新たなマイルストーンにもなると語りました。

インサート ;輸出入の場所としてモザンビークは、いくつかの内陸国やジンバブエとの国境に接しているので、輸出と輸入の場所です。マラウイの製品は、モザンビークを通過しなければなりません。マラウイの製品です。ここから考えて、これは、よい戦略だと、我々は、考えています。モザンビークの人口は、少なく約2,600万人と多くはなく、また、国内総生産も、まだ後発開発途上国なので、高くありません。しかし、我々は、可能性を見ています。インドネシアのために、我々は、開始する必要があります。我々は、他の国に行く前にまず最初に始めなければなりません。なぜなら、アフリカは、実際に、未来の大陸、成長に満ちた大陸からです。

Ni Made Ayu氏は、インドネシアがすぐに得られる利益は関税だと語りました。この合意により、インドネシアは、ゼロまたはより良い関税を得られます。それによりインドネシアから輸出される製品は、より安くなるでしょう。

Read 73 times Last modified on Friday, 20 September 2019 13:18