Thursday, 13 February 2020 14:01

ジョグジャカルタに集まった2,020人の国際ケバヤファン

Written by 
Rate this item
(0 votes)

Image result for : 2.020 Pecinta Kebaya Internasional Akan Berkumpul di Yogyakarta antara foto

ワルナワルニです。今日は、ジョグジャカルタに集まった2,020人の国際ケバヤファンについてお知らせします。

ケバヤはインドネシアで非常に人気のある女性の民族衣装です。ケバヤには、時代を追う様々なタイプとモチーフがあります。したがって、ケバヤはインドネシアの女性の誇りです。ジョグジャカルタには、さまざまな国から合計2,020人の女性が集まります。彼らは、2020年2月20日に最も多くのケバヤを着用して、世界記録を破ることを計画しています。「2020 Wanita Berkebaya」というイベントは、「Masyarakat Adat Nusantara」(マトラ)、「Srikandi Masyarakat Adat Nusantara」(スリタ)、インドネシアのサロン起業家組織「Dewan Pengurus Daerah」(DPD)の、ティアラ・クスマ・ジョグジャカルタによって開催されました。ベルケバヤ女性のための2020年委員会の委員長のラディン・アユ・ディア・プルナマサリ・ズヘアは、この活動が今年初めに開始されて以来、反応は良いと語りました。

スレマン市庁舎ジョグジャで開催されたイベントに参加する外国人参加者は、日本、シンガポール、マレーシア、ハンガリーから来ています。アフリカ大陸などから、世界の国々の代表者も参加します。国内の参加者である、インド洋でインドネシアの最も外側の島であるエンガノから来た人々がいました。エンガノは、ベンクル州北ベンクルの一部です。参加者の熱意は非常に心強いと評価されました。ケバヤを世界で有名なインドネシアの婦人服にしているからです。典型的なジャワの女性服だけではありません。

彼らはヌサンタラ・バティックの布でケバヤに身を包んだ2020人の女性の世界記録を破り、一緒に世界平和を呼びかけるようです。記録を破るだけでなく、様々な大会に参加するほか、さまざまな民族、国籍、文化、慣習、宗教、信仰、そして言語を超えた参加者が、世界平和を望みます。

Read 111 times