Thursday, 27 February 2020 13:28

ジョコウィ大統領は、ドイツのハノーバーメッセ製造展に出席する予定

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

インドネシアとドイツの二国間協力は年々(ねんねん)、強化され、発展しています。両国間の多くの協力分野は、現在も、つながり続けています。これは、2月26日水曜日にジャカルタで、voice of Indonesia Dompet Dhuafaインドネシア ジャーナリスト協会 (PWI)と協力して開催した 外交フォーラムのイベント終了後、在インドネシアのドイツ大使ピーター・ショーフ大使がVoice of Indonesia に対して 語ったものです。ピーター・ショーフ大使によると、2020年に ドイツは最大の製造展示会、ハノーバーメッセを開催します。この展示会には、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領を含む世界中の国家元首が出席するだろうということです。

今年の大きなハイライトは、ドイツのパートナー国として、インドネシアがハノーバー メッセ のイベントに参加することです。ハノーバー・マニュファクチャリング・フェアは、世界最大の製造展示会です。インドネシアはパートナー国です。 繰り返しますが パートナー国です。ジョコウィドド大統領は4月にドイツを訪問します。したがって、多くの分野で広範な協力を行っていることを非常に誇りに思っています。合意の覚書が たくさんあるでしょうし、おそらく 今年も新しいビジネス契約が締結される予定です。私たちは、インプットを提供する国であり、技術教育や職業教育、再生可能エネルギーの分野でもインドネシアに非常に近い国です。私は、ドイツでは、この分野で全世界で最高の技術を持っていると思います。

また、ピーター・ショーフ大使は、インドネシアとドイツの協力の焦点は、今までは 土地管理と再生可能エネルギーの分野にあったと述べました。さらにドイツでは、インドネシアで投資を展開するだろうと語りました。

Read 42 times