Thursday, 22 February 2018 09:44

災害問題についての議論、国家防災庁(BNPB)は、バリの国家作業会議を開催

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

インドネシア全土の国家防災庁BNPB及び地域防災庁BPBDの少なくとも3.000人の人員は、バリ州のヌサドゥアで国家作業会議に参加しました。BNPBWillem Rampangilei会長は、2月21日水曜日、記者団に、バリヌサドゥアコンベンションセンターで、国家作業会議は、2017年の国家防災庁と地域防災庁のパフォーマンス評価について議論していると語りました。Willem Rampangilei会長によると、評価は、2018年の作業戦略を準備する上での彼の側の基礎となるということです。

インサート:したがって、この会議では、まず優先事項を設定する必要があります。第二に、従来の方法で災害を処理することはできなくなりました。私たちは、革新、画期的な技術利用、能力開発の開発が必要です。

Willem Rampangilei会長は、2017年を通して、災害管理のリスクを低減することに成功したと説明しました。これは、インドネシアで発生した自然災害の結果として死亡した犠牲者の数から見ることができます。Willem Rampangilei会長によると、条件は、すべての利害関係者の準備と意識によってサポートされていました。政府だけでなく、地域社会も2017年に自然災害のリスクを低減するために積極的な役割を果たしています。いくつかの作業閣僚が出席されているイベントは、221日から23日まで開催されます。

Read 208 times