Friday, 23 February 2018 09:51

中部ジャワ州の Capjae Kerupukの料理

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部ジャワ州のCapjae Kerupukの料理をご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

クルプックは、軽食です。一般的に、エビや魚などの調味料と混ぜたタピオカの粉生地から作られています。クルプックは、生地を日が通るまでして作ります。その後、薄く切って、日光で乾燥させ、油で揚げます。食感は、鮮明で、通常、インドネシアの様々な食事に添えられます。クルプックは、揚げただけでなく、他の珍しい方法で楽しむこともできます。また、capcaiまたはcapjae erupukと呼ばれる美味しい食事にもなります。

Capjae Kerupukは、中部ジャワ州Magelangの人々の代表的な料理です。Capjae Kerupukの主な材料は、のクルプックで、揚げる前のためです。このクルプックは、オニオンクルプック、エビクルプックなど小麦粉で作られているどんなタイプでも使用できます。使用されるクルプックは、細かくくだけたクルプックも使用できるのでそのままである必要はありません。通常、細かくけたクルプックは、うまく調味料を吸収することができます。

Capjae Kerupukを作ることは,複雑ではありません。調理する前に、生のクルプックは、もっちりして柔らかくするために、沸騰させてからひやした水の中に一晩浸します。そして、クルプックをきれいに洗いで、水をひかります。ニンニク、ヘーゼルナッツ、コショウ、および唐辛子からなるスパイスは、最初に細かく滑らかにします。平滑化されます。その後、スパイスは、生のクルプックや、醤油、キャベツ、daun bawangと一緒に(いた)めます。今、多くの場所で、鶏肉、ミートボール、ソーセージやニンジンの他の材料を使って、新しいCapjae Kerupukが作られています。

Capjae Kerupukは、とてもおいしかったです。この料理は、温かいうちに食べられる最も美味しく、そのまま食べることもできるし、おかずとして食べることもできます。通常、Magelangの人々は、温かいお粥といっしょにCapjae Kerupukを楽しんでいます。Capjae Kerupukを楽しむことに興味のある方は、マゲランの町、特にKradenan村とAmbartawang村を訪れてください。そこで、多くのCapjae Kerupukの売り手と出会うことができます。Capjae Kerupukの値段は、とても買いやすい価格で、一食当たり 1,000ルピアから2,000ルピアくらいです。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 137 times Last modified on Tuesday, 27 February 2018 09:52