Friday, 02 March 2018 12:11

東ジャワ州のTrenggalek県のBANYU NGETの自然観光地

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

 

パソナインドネシアの時間です。今日は、東ジャワ州のTrenggalek県のBANYU NGET自然観光地を ご紹介します。この放送は、www.voinews.idで聞くことができます。

 Trenggalekは、東ジャワ州の県の一つです。この地区は、インド洋によって南に直接、接しているので、Trenggalek市の主要な観光の目的地になる多くの美しいビーチに恵まれています。ビーチに加えて、Trenggalekには、他にも興味深い観光地があります。それは、最近のオープンしたBanyu Ngetの自然観光地です。場所は、東ジャワ州のTrenggalek県、Watulimo郡、Dukuh村にあります。オープンしてから、この観光地は、涼しく、美しく自然な雰囲気の中に多くの観光客を集めました。それだけでなく、ここでは、様々な興味深い観光の道具が用意されています。              
Banyu Ngetの名前は、Watulimo郡の暖かい水を意味します。この7ヘクタールの観光地は、滝、石だらけの川の流れ、クドンという暖かい池、アドレナリンを刺激する様々な乗り物で、自然の美しさを提供します。この観光エリアに入るには、1人あたり5,000ルピアのチケットを購入する必要があります。チケットを購入する現金を持っていない場合、観光地では、電子マネー(E-マネー)を使用した支払いチケットがあるので心配しないでください。Banyu Ngetの観光地に入ると、新鮮な空気と涼しい雰囲気を楽しみながら、道を歩くことになります。           

この地域内には、石が多い川があります。訪問者は、Kangen橋という竹の橋やなどの川を渡る道を選ぶことができます。吊り橋を渡るとKedung Banyu Ngetがあります。訪問者は、この池の暖かい水の新鮮さを感じることができます。暖かい池に加えて、約30メートルの高さのUrang Kambu滝の美しさを楽しむことができます。訪問者は、滝の下で泳ぐことができます。泳ぐことができない人のために、マネージャーは、救命衣ジャケットを提供するので心配しないでください。
泳げない人のために、自然の雰囲気を楽しみながらリラックスするために、木の上にタワー・モニターがあります。 Banyu Ngetには、特別なセキュリティ標準装備を持つ空中自転車のようなアドレナリンに拍車をかける乗り物もあります。キャンプが好きな人のために、高い所や葉が生()い茂った木々の間に取り付けられたブランコやハンモックがある、テントを設置するエリアもあります。

 Banyu Ngetの観光地は、インドネシア森林公社(Perhutani)の森林地域を含み、そこではドリアン、マンゴスチンのような樹木を見ることができます。もし果物を楽しみたければ、収穫期に来てください。なぜなら、地元の果物を涼しい自然の空気の中でたのしむのは、本当に気持ちが、いいからです。この観光地には、食堂、礼拝堂、バスルーム、展望台などの様々な施設もあります。この観光地の様々な場所に行くのに、心配はしないでください。なぜなら、すべてのスポットには、見守りの職員と、はっきりとした標識があります。

こrで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。                    

Read 73 times Last modified on Tuesday, 06 March 2018 09:03