Wednesday, 03 June 2020 10:10

東ヌサトゥンガラ州のLAIWANGI - WANGGAMETI国立公園の観光地

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、東ヌサトゥンガラ州のLAIWANGI - WANGGAMETI国立公園の観光地をご紹介します。

ライワンギワンガメティ国立公園は、インドネシアの東ヌサトゥンガラ州のスンバ島にある動植物保護地域であり、スンバ島の南部に位置し、ワインナプから約100 キロです。行政的には、タブンドゥン、パベリワイ、ピヌパハールの3つの地区にあります。この公園は、種の多様性が十分に高い「エルフィンの森」、特に海抜800メートルの標高で見られるものを含む、スンバ島の様々な種類の森林の代表です。ライワンギワンガクティ国立公園エリアには、176種の鳥、22種の哺乳類115種の蝶、7種類の両生類29種の爬虫類が生息しています。この国立公園はまた、オマンの木または森の松が支配するワンガミティ森林のエリアです。

急な丘陵の風景と深い谷といくつかのタイプの生態系の組み合わせは、ライワンギワンガクティ国立公園に典型的なエキゾチックな自然の風景です。このエキゾチックな風景は、ジャングルクルーズやハイキングツアーパッケージで楽しむことができます。ライワンギワンガメティ国立公園のエキゾチックな風景の美しさを楽しむのに最も理想的な入り口または景色のポイントには、ナンガ村、ワンガメティ村、カティクワイ高原、ワンガミティピークなどがあります。風景が広がるパノラマに加えて、ラプティ湖、ラプティ滝、ワイカナブ滝、ワンガクティ滝などの特別な観光地もあります。ラプティ湖とラプティ滝は、Tabundung地区のPraingkareha村にあります。この観光地は、よく知られており、東スンバの人々が広く訪れています。ワイカナブ滝は、タブンドゥン地区のワイカナブ村にあります。

この美しい国立公園に到達するには、飛行機で約1時間でクパン-ワインガプに行き、次にワインガプ-ワタムバカ-マウハワ-メロロ-カナガルから約2時間、四輪車で道路を行く必要があり、国立公園(ワンガクティ村、タナララ村、タブンドゥン村)の場所に進みます。遠くに聞こえますが、並外れた冒険を感じ、ライワンギワンガクティ国立公園がもたらす自然の美しさを楽しむことができます。東ヌサ・トゥンガラ州でエキサイティングな冒険のためにあなた自身を準備してください。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 128 times Last modified on Wednesday, 03 June 2020 10:27