Wednesday, 07 March 2018 14:34

Efek Rumah Kaca

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

音楽の広場です。今回は、インドネシアの人気バンド、Efek Rumah Kacaをご紹介します。それでは皆さん、まずは、Efek Rumah Kacaの曲「Cinta Melulu」を聞いてください。

Cinta Melulu」は、Efek Rumah Kacaの主なシングルの一つです。それは他のテーマよりもロマンスの歌が支配しているので、歌詞は、インドネシアの音楽業界の多様性の欠如を批判します。「Cinta Melulu」以外に、Efek Rumah Kacaの他の曲は、社会的、政治的問題の批判がいっぱいです。シンプルなポップミュージックによる批判は、2001年に、ジャカルタで、結成したバンドが提示する主なテーマです。批評家や手配はいつも待っているが、Efek Rumah Kacaが独自に演出することができるのは、6年間かかります。他のバンドと一緒に2つのコンピレーションアルバムに乗った後、2006年にEfek Rumah Kacaは、最終的に彼のデビューアルバムをリリースしました。このアルバムは、ファンからポジティブな反応をもたらしました。では皆さん、次の曲は、Efek Rumah Kacaの「Menjadi Indonesia」を聞いてください。

2015年以来、彼らのメンバーの1人がアメリカで勉強しているため、Efek Rumah Kacaは、彼らのステージでの出演の頻度を減らします。それにもかかわらず、Efek Rumah Kacaは、2016年に「Tiba-tiba Suddenly Konser」と2017年に「Tiba-tiba Suddenly Konser Again」というライブで、彼のファンを満足させます。Efek Rumah Kacaは、201839日から13日まで、アメリカのテキサスでのSouth by SouthwestSXSW)フェスティバルでインドネシアの代表になる予定です。SXSWで成功に出演するため、Efek Rumah Kacaは、コンサートによる資金調達実施しています。それでは皆さん、最後は、Efek Rumah Kaca2曲を聞いてください。

これで音楽の広場を終わります。

Read 27 times