Thursday, 08 March 2018 08:28

大統領は、刑法草案の迅速化の議論を望んでいる

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

ジョコウィドド大統領は、刑法草案の議論が、ジョコウィドド大統領とユスフカラ副大統領 政権中に、すみやかに解決することを期待しました。これは、3月7日水曜日、ジャカルタの国家宮殿で、起草チームと会談したとき、大統領が語ったものです。国家法律開発庁、Enny Nurbaningsih会長は、その会談で、ジョコ・ウィドド大統領は、刑法草案の議論を速め、直ちに実現することを期待していると説明しました。

インサート :大統領は、この会議が加速されることを期待しました。なぜなら、チームだけではなく、私たち全員が心配しているからです。2019年の政権中に完了しなければ、まして総選挙の年に完了しなければ、私たち全員にとって大きな問題になるでしょう。なぜなら、次の政権でゼロから繰り返されるからです。ですから、サイクルがそのようであり続けた場合、自分の国の刑法を持ちません。これは、大統領の圧力であり、すぐに解決する必要があります。

Enny Nurbaningsih会長はまた、起草チームとの会談で、ジョコウィドド大統領は、刑法草案の中の条項の、一般に広まっている賛否両論について完全な説明を受けていると説明しました。一般に広まっている賛否両論をもたらす刑法のいくつかの条項は、大統領の名誉毀損、死刑LGBT、汚職に関する事などです。

Read 21 times Last modified on Thursday, 08 March 2018 11:49