Monday, 12 March 2018 09:00

共同事業・国民住宅省は、Cirebonで現金集約型を実施する

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

共同事業・国民住宅省は、西ジャワ州のCirebonで、43村の小さい灌漑用水路の建設で、現金集約型プログラムを実施しました。Basuki Hadimuljono共同事業・国民住宅大臣は、日曜日に、Cirebonで、Joko Widodo大統領を同行するときに、共同事業・国民住宅省は945千万ルピアの予算で、Cirebon地区での43の村で小さい灌漑用水路の現金集約型プログラムを実施ました。Joko Widodo大統領のCirebonへの訪問は、現金集約型プログラムの小さな灌漑用水路および生産道路を実施するCirebon地区のGempol県のKempek村を観察するためです。Kempek村での現金集約型プログラムの実施は、生産道路の建設と灌漑経路の改善により、田んぼに水を最大限に流出させることが期待されます。現金集約型プログラムは、働くことによって、村にお金を配布することを目指しています。生産道路と灌漑の改善に加えて、政府はこのプログラムによって、村のコミュニティの購買力が増加し、消費水準も上昇したと考えました。

Read 19 times