Tuesday, 17 April 2018 13:17

Ngaturan Buah伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアです。今日は、バリからのNgaturan Buah伝統をご紹介します。

BanjarSidatapa村は、地元のドリアン生産で豊かな村の一つです。収穫期になると、住民による独自の儀式が行われます。「Ngaturan Buah」という儀式を通じて、この儀式は収穫したドリアンを献上して行われています。この伝統は何世代も続いています。サカ暦735年、または、西暦767年頃から始められました。Ngaturan Buah儀式は、通常、3日間続きます。儀式は、植物を守った神への感謝の気持ちとして行われます。

Ngaturan Buah儀式は、Bale Agung寺院に行われます。住民はそれぞれ、3つのドリアンを持ちます。女性は、ドリアンをビニール袋という竹で編んだカゴに入れて持ちます。一方、男性は、Kisaという、ココナッツの葉で作られた鶏カゴに入れて持ちます。Bale Agung寺院での儀式の後、家の庭で儀式は続きます。

最初の日に、住民は3つのドリアンを持つ必要があります。他の果物を持っている場合は、寺院に集めるように勧められます。マンゴスチンを持っている市住民は、少なくとも3キログラムのマンゴスチンを持っています。一方、ランブータンを持つ場合、3束のランブータンを持っています。2日目に、住民はは2つのドリアンを持って来ます。そして、3日目に、持ってこなければならないドリアンは1つだけです。住民は きまり を破る事はしないし、、庭で偶然、果物がない場合、買うことや、親戚や隣人からもらうこともできます。

この儀式の伝統は、一緒に祈ることで終わります。祈りの後、住民は、彼らが提示した果物を持って、帰ることができます。彼らの信念に基づいて、Ngaturan Buah儀式を行う前に、家や庭で果物を収穫してはいけません。最初の献上は 村の寺院で、Sanghyang Sangkaraという植物の神とRaung山 出身の祖先への感謝の一形態として、しなければなりません。

これでパソナインドネシアを終わります。明日も他の興味深いトピックでまたお会いしましょう。

Read 15 times Last modified on Tuesday, 17 April 2018 13:57