Wednesday, 25 April 2018 09:00

失踪者と暴力の被害者のための委員会は、拷問に対するアジア同盟のウェブサイトを発表した

Written by 
Rate this item
(0 votes)

 

失踪者と暴力の被害者のための委員会(KontraS)は、拷問に対するアジア同盟のウェブサイトを発表しました。このウェブサイトは、拷問反対キャンペーンと主張のためのアジア全域の市民団体と提携したものです。このウェブサイトは、暴力に対抗する人権運動を強化し、正直で正しい合法的な動きであることを保証し、アジアの他の国々に干渉することができるようにするために作られました。これは、424日火曜日に、拷問に対するアジア同盟ウェブタイト発表のジャカルタでの記者会見で、Lokataru法と人権社のHaris Azhar社長が語ったものです。

インサート:このウェブサイトは、暴力に対抗する人権運動を強化し、法律上および法的に適切な動きを確保し、拷問を起こさせる多くの他の国々や支配者に介入することができることを目指します。
Haris社長は、このウェブサイトは、アジアの各国における暴力行為がますます増えていることへの認識の高まりを表していると付け加えました。このウェブサイトは、数年前、アジア諸国のKontraSといくつかの人権団体の集会の結果であり、アジアの暴力を減らすことを目指しています。

Read 14 times