Thursday, 26 April 2018 11:45

大統領は、インドネシアでの香港の投資の増加を期待

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

ジョコウィドド大統領は、425日水曜日ジャカルタ国家宮殿で、香港特別行政区、キャリー・ラムの最高経営責任者(CEO)と彼の側近に会いました。ジョコウィドド大統領は、その歓迎スピーチで、この会談は、経済協力だけでなく、人々の交流を高める中で、インドネシアと香港の協力関係を強化するだろうと伝えしました。会談に、ジョコウィドド大統領は、Retno Marsudi外相、Enggartiasto Lukita産業大臣など、数人の閣僚を伴いました。Retno Marsudi外相は、インドネシアは現在、これまでよりも優れた投資環境を有していると説明しました。Retno Marsudi外相は、これが、インドネシアにおける香港の投資の価値を高めるために活用される事を期待しました。

インサート :香港の投資も、非常に重要な位置を占めています。少なくとも2年連続して、香港は、インドネシアで4番目に多くの投資をしています。大統領は、投資の問題、特にインドネシアの投資環境の改善について議論し、将来、香港の投資がますます増加することを望みました。

一方、香港特別行政区のキャリー・ラム最高経営責任者(CEO)は、ビジネス代表団と香港政府関係者を受け入れてくれた、インドネシア政府による歓迎に感謝しました。彼は、以前のジョコ・ウィドドー大統領の国賓訪問時からインドネシアと香港の協力関係が改善したと強調しました。彼によると、二国間の協力関係は、経済分野だけでなく、社会的、教育の分野でも増加しているということです。

Read 65 times