Friday, 27 April 2018 14:02

南スラウェシ州KAJANG部族のPAPPASANG伝統

Written by 
Rate this item
(1 Vote)

パソナインドネシアの時間です。今日は、南スラウェシ州KAJANG部族のPAPPASANG伝統をご紹介します。この放送は、di www.voinews.idjapaneseで聞くことができます。

インドネシアは、多民族国です。インドネシアの伝統的な部族の1つは、カジャン部族です。この部族は、マカッサル市の東約200キロに位置する南スラウェシ州のBulukumba地区の地域に生息しています。主要なカヤン部族の村は、タナ・トアの村です。また、Bonto Baji村、Malleleng村、Pattiroang村、Batu Nilamung村、Tambangan村にも広がっています。これまでカジャン部族は、依然として非常に神聖な習慣を果たしています。この部族は、地元の知恵を維持している一族です。

カジャンの人々は地理的に、内部カジャンの人々(タウカジャン)と外部カジャンの人々(タウレムバン)の2つで構成されています。内部カジャンの人々は、その環境に蔓延する文化や伝統を深く守っています。一方、外部カヤンの人々は、村の外に住むカジャンの人々ですが、このカジャンの人々は、すでにモダンで、外から新しいものを受け入れることができます。

カジャンの人々は、「Pappasang」という祖先の伝統を保持しています。これは、(こわ)されるべきではない書かれていない法律の一種です。誰かが壊れた場合、「パンゲライ」という懲戒(ちょうかい)または懲罰を受けます。Pappasang」の合法的な音の一つは、「Kajang, tana kamase-masea」であり、シンプルまたは貧しいカジャンの土地を意味します。

この「Pappasang」では、カジャン族の伝統的な複合施設に住む人々は、世界の栄光を受け入れることを望まりません。金持ちになりたい人は、「Pappasang」で既に言及されているようなカジャンの土地は、富を準備していないので、伝統的なの複合施設から出なければなりません。世界の栄光は、「アマ・トア」というカジャン族の長老の解釈に基づいています。

Pappasangは、マカッサルの人々の社会制度と文化的システムの両方の倫理的価値と道徳的価値を含む声明の一形態です。Pappasangでは、社会の社会的行動の規制者として、良質悪質に関する高貴な考慮が含まれていました。

最初、Pappasangは、話されました。しかし、マカッサルの人々が文字を知った後、ヤシの葉にlontarakの文字で書かれました。マカッサル社会の文化と文明の進歩により、ついにPappasangは、ヤシの葉でしか読めないが、すでに書かれているか記録されています。これは、若い世代に引き継ぐために行われます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 114 times