Wednesday, 02 May 2018 11:59

西ジャワ州PANJALU村のNYANGKUの伝統

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、西ジャワ州PANJALU村のNYANGKUの伝統についてご紹介します。この放送は、 www.voinews.id/japaneseで聞くことができます。

Nyangkuは、Panjalu王国の時代から存在してきた伝統的な儀式です。これまで、この儀式は、毎年、Panjaluの人々によって定期的に開催されています。Nyangkuの伝統的な儀式は、MauludRabiul Awal)月、月曜日か木曜日に行われます。目標は、Rabiul Awalの月の最後の預言者ムハンマドs.a.wの誕生を記念することです。また、Nyangkuの伝統的な儀式は、イスラム教徒で、Panjaluにイスラム教を広めたPanjalu国王であるPrabu Sanghyang Borosngora奉仕を記念して行なわれます。

Nyangkuは、清掃を意味するアラビア語のyankoに由来します。しかし、スンダ人は、「yanko」という言葉を「Nyangku」と発音しました。この伝統的な儀式の本質は、Panjalu王国が所有する家宝清掃です。

古代には、Panjalu家系Nyangku儀式のための材料を準備しました。それは、かなければならない赤枚(あかまい)を準備するようなものです。この赤枚は、Tumpengとお供え物を作る材料として使われます。赤い穀物皮剥きは、Maulud1日から儀式の1日前までに開始されます。

Nyangku儀式は、PanjaluSitu Lengkongにある国王の墓への巡礼で始まります。儀式は、通常、朝730分ごろに、Bumi Alitと呼ばれる場所から家宝の品物をり出すことで始まります。その後、この家宝の品物は、Nusa Gede に向かって、Panjalu国王の子孫によって手で運ばれます。Situ Lengkongに到着すると、イスラム教徒の服とスンダの伝統的な衣装を着る家宝の品物を運ぶ人々は、Nusa Larangまで船で運びます。その後、この家宝の品物は、Nusa Larangにある小さな建物に向かってパレードされます。

家宝の品物を運ぶ人々は、Rebanaというタンボリン音楽を伴い、家宝をきれいにする場所であるメインステージに向かって祈りの文句えます。そして、家宝の品物は、特別なマットレスに置かれます。その後、家宝の品物は、一つ一つ白い布のラッパーから開け始めました。その後、この家宝の品物は、すぐにライム果汁を加えた7つのからまれた水できれいにされます。洗浄は、Prabu Sanghyang Borosngoraの家宝の剣で始まります。その後、他の家宝に続きます。

洗浄後、家宝の品物は、特別に作られたココナッツオイルをられます。次に、ヤシの葉で作った飾りを巻き付け、7層の白い布で再び包み、Boehという糸からできたロープでられます。その後、おで乾燥され、Pasucian Bumi Alitに再格納されるためにパレードされます。

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、他の魅力的なトピックで、またお会いしましょう。

Read 21 times Last modified on Wednesday, 02 May 2018 12:40