Thursday, 03 May 2018 12:58

Italiaのイスラム学者は、世界イスラム学者 対話フォーラムの重要性を伝える

Written by 
Rate this item
(0 votes)

イタリア イスラム教徒共同体のYahya Sergio Yahe Pallavicini会長は、西ジャワ州ボゴールで、世界のイスラム学者と知識人のハイレベル対話フォーラムの実施の重要性を伝えました。52日、このフォーラムの合間)に、Yahya Sergio会長は、インドネシアが提供した協議の手法は、世界の違いの中で、適応に関する世界の学者の間で最高の経験を共有する提案だと語りました。

インサート ;私は、ヨーロッパから来ました。私のWasathiyyahに関する協議の印象は、方法論と対話があるので、非常に重要だと思います。世界中の知識人を招待するために、インドネシアの知識人と共有するイスラム教徒の知識人は、インドネシアにおける最良の方法の例であり、この経験を共有するために、世界の様々な地域に適応させる方法です。対話は、伝統的な方法論であり、インドネシアは、この機会を通じて色々な事のために、大きな責任を開始しました。ですから、私は、これが非常に重要なプロセスだと思います。私も、ディン・シムサウディン教授と、宗教間の対話が様々な課題に直面するために改善できる方法の一つであることを共有しました。

Yahya Sergio会長は、このイスラム学者と知識人の会談が、将来も続く事を期待しました。それは、イスラム教徒の間で、より広いネットワークを構築し、若者にWasathiyyahの概念を教えることを意図しています。彼は、イスラムの中庸の概念が、世界のすべてのイスラム教徒だけでなく、より良い協力を構築するために、イスラム教以外のコミュニティにも、より良い協力関係を構築する為に広まる可能性を信じています。

Read 14 times Last modified on Thursday, 03 May 2018 13:49