Friday, 04 May 2018 11:02

中部スラウェシ州トリトリ地区のLINGAYAN島

Written by 
Rate this item
(0 votes)

パソナインドネシアの時間です。今日は、中部スラウェシ州トリトリ地区のLINGAYAN島をご紹介します。この放送は、www.voinews.id/japaneseで聞くことができます

中部スラウェシ州は、マレーシアとフィリピン(Lingayan, Salando dan Dolangan)の海域に直接隣接する3つの島を有しています。 3つの島のうち、Lingayanだけに、住民がいます。Lingayan島として知られている Lingian 島は、中部スラウェシ州トリトリ地区Ogotua村にあります。この島に行くには、Ogotua村からモーターボートで15分です

スラウェシ海とマカッサル海峡の間に位置するこの島は、インドネシアの92の島の1つです。マングローブの木の列は、Lingayan島に足を踏み入れるすべての訪問者を歓迎します。白い砂浜と美しいパノラマに加えてLingayan島周辺の水域は、美しい水中風景が豊富です。これは、マカッサル海峡とスラウェシ海間にあるLingayanの場所のためで

Lingayan島には、美しい海もあります。ここには、鱗状カメの生息地があり、ある月に卵を産むために海岸に行きます。政府は、人口がますます脅かされているため、Lingayan 島周辺の地域を、Dugongと海草の保存の中心として保護された海洋哺乳類の生息地としました。この楕円形の島の美しさは、ボートを使って周りを回るときにますます感じられます。美しい白い砂と珊瑚の岩が島の沿岸に沿って伸びています。反対側には、釣りやダイビングに適した場所があります。浮遊植物に似た様々なサイズの円形または楕円形の大きな岩の列が、島の周りの水域にあります。より詳細に見たい場合は、ボートでそれらの間を通過することができます。船の周りを飛び跳ねる小さな魚の群れがLingayan島の魅力に加わります

マカッサル海峡の青い海の真ん中にあるいくつかの島々は、旅の途中で楽しむことができる風景の一部とななっています。 Ogotua村からは、多くのボートを使って渡ることができます。一般的に、2.5馬力のエンジンを搭載した小型ボートは、4人から5人用です。ボートは、穏やかな海の時にはわずか15分で、小さなボートは、より快適で速く進みます

これで、パソナインドネシアを終わります。明日も、魅力的なトピックスで、またお会いしましょう

Read 38 times